Mac 版 Thing のメモ欄を簡易的なテキストエディタとして使う

スポンサーリンク
最近は MacBook でトレードをしているが、Things の場所だけは画面上に確保している。
なので書き物も試しに Things でやってみようと思う。
タスク毎にメモを追加できるので、そのスペースでなんとかブログの下書きなどをできないかという試み。
Things で書き物ができたら、とりあえずスペースが無駄にならないし、違うアプリに切り替える必要もない。
かなり本格的な一元管理ができる。
たとえば、ブログの下書きを書くとしたって、どうせタスク管理である Things を経由していくのだから、結局そこで下書きを書いてしまえばそれでいいのだ。
それ以外にモーニングページにしたって、Things のメモに書いてから、書き終わったら DayOne にコピペしてしまえばそれでおしまいだ。
あまりこだわらずに Things のメモ欄をテキストエディタだと思えば良いだろうか?
スクロールも MacBook なら2本指スクロールができるので問題なさそうだ。
しばらく、この方法で運用してみようと思う。
スポンサーリンク