Mac は遅いプロセスに対処すれば速くなる

スポンサーリンク
Mac が明らかに遅いので、色々と遅い原因を探りつつ速く動くように対処した。
おもにプロセスを中心に見ていくのがポイント。
重いなと思ったら、すぐに iStat Menus で重いプロセスをチェックして、そのプロセスをググれば対応策が分かる場合があります。
iStat Menus は SetApp に加入しているので、使えているアプリです。

▼重くなったプロセスと対応策のメモ

  • mdworker
    • Spotlight のインデックスをしている
    • システム環境設定 > Spotlight > プライバシーに Macintosh HD をまるごと指定すればインデックスされなくなる
  • bird
    • 85% くらいいってた
    • iCloud 関連のプロセス
    • システム環境設定 > iCloud > iCloud Drive を無効にすれば良いらしい
      • ぼくは Android を使っているので iCloud は必要なかった
      • ついでに iCloud の同期をすべて無効にしておいた
  • Google Chrome
    • 100% 超えてた
    • とりあえず、ゆずれないモノを残して使わない拡張機能を削除した

▼プロセス以外に高速化のためにしたこと

  • ディスクユーティリティで「First Aid」をやってみた
  • Yosemite で追加されたウィジェット機能は全然使っていないのに、結構設定したままになっていた。編集からいらないウィジェットをオフにした
  • システム環境設定 > Spotlight の検索結果のチェックボックスを軒並みオフにしています。
  • Adobe Creative Cloud をメニューバーで常駐させる必要はない。バックグラウンドでちょこちょこ動いている。Illustrator などのアップデートがあるときだけ起動すれば良いんだから。
    • 【現在、画面が真っ白になって消去できない】
  • Clean My Mac で、たまにメンテナンススクリプトをやると良くなるかも。
    • これも SetApp に加入しているので使えるソフト

スポンサーリンク