ノイズキャンセリングヘッドホンは高いが価値がある

スポンサーリンク


仕事に集中するために、ノイズキャンセリング機能がついたヘッドホンを買おうと思い立って、すぐにビックカメラに行って買ってきた。
SONY の WH-1000XM2 というヘッドフォン。最高のパフォーマンスを得るために、最高のやつを買った。廉価版の h.ear on 2 というのも見てきたけど、作りからして安っぽかった。
色は、ブラックとシャンパンゴールドがあったけど、見本のヘッドホンを見ると、はげたら黒くなるみたいなので、素直にブラックにしておいた。

仕事に集中できないので、カフェでノマドしてみたり、ホテルで缶詰してみたり、色々と紆余曲折を経て、ノイズキャンセリングヘッドホンにたどり着いた。
家で仕事をしていると、とくに子どもがうるさいので、ほとんど仕事にならない。今みたいに冬休みなどの長期休暇に入ってしまうと、到底仕事にならない。そうは言っても、仕事は待ってくれないので、コストをかけて無理矢理に解決することにした。

ノイズキャンセリングは今回初めて使ったけど、本当に周囲の音が減るので驚く。音も相当良いので、かなり集中できます。
コワーキングスペースを契約とか、毎週 APA ホテルに行こうかとか、いっそ事務所物件を借りて仕事しようかとか考えていた。
でも、ノイズキャンセリングのヘッドホンがあれば、どうやら家でちゃんと集中して仕事できるようだ。なんで今まで気づかなかったのだろうか。まぁ、高いからなんだけどね。でも、外部でお金払って固定費としてお金を散財し続けることを考えると、これはむしろ安いですよ!

集中してやりたい仕事や勉強がある人は、思い切ってコストかけてノイズキャンセリングヘッドホンを買ってしまえば、ぼくのように世界が変わる可能性あります。
ワイヤレスだっていうのも、素晴らしい。どうせ、今の時代 iPhone でしか音楽を聞かないしね。
唯一のデメリットはヘッドホンをいちいち充電しなきゃいけないことくらいかな。まぁでもメリットが強烈だから、そこはガマンしないとね。

ちなみに、Apple Watch で使うと最高の組み合わせです。つねに手元にある Apple Watch から音楽を操作して、しかもしれがノイズキャンセリングなんて最高です。
なので、音楽の聴き放題サービスは Google を使っていましたが Apple Music に変更するつもりです。

この WH-1000XM2 は耳の部分を手で隠すと、一時的にノイズキャンセリングが中断され、まわりの音声を聞けるようになります。この機能はけっこう便利です。

ちなみに、Bluetooth ペアリングモードにするには、電源ボタンを7秒間押しっぱなしにすれば良いみたいです。


スポンサーリンク