Unclutter が Mac のランチャーとして便利

スポンサーリンク


SetApp に Unclutter というアプリが追加されたので、試しに使ってみたんだけど、だいぶ使い勝手が良かったので、ここんところ継続して使っている。

画面のてっぺんにカーソルを持っていくと、にゅっとウィンドウが現れて、クリップボード・メモ帳・ファイル置き場の3つの機能を素早く使えるアプリ。

はっきり言ってファイル置き場としてしか使っていない。

まず、デスクトップが片付くというメリットがある。
デスクトップを断捨離しておくと、気持ち良く作業ができていいんですよね。

そして、よく使うファイルやフォルダを Unclutter に置いておけば、ちょっとしたランチャーとしても使える
エイリアスも置けるし、よく使うサイトもドラッグして置いておけばブックマーク的にも使える
Finder とほとんど変わらない雰囲気で使えるので、複数ファイルを一気に開くとかもできる。右クリックメニューもあるし、かなりいいんですよね。

今まで使ってきた Overflow というランチャーも Unclutter のおかげで出番がなくなりそう。Overflow は F4 キーを押せば起動するようにカスタマイズしてあったんだけど、Unclutter なら画面上部をつつくだけだから、どちらが速いかは言わずもがなである。

クリップボードは Clipy と Paste でせめぎあっているから、Unclutter では使わなそうだなぁ。ただ、Illustrator のパスをしっかり認識しているのはすごいなと思ったけど、画像をこういう簡易的なツールで管理するのは、ちょっとムリだしなぁ。

メモ帳は Evernote と Google Keep と TaskPaper でせめぎあっているから、こちらも使わないなぁ。ToDo リストも本当に作らなくなったし、TaskPaper にやらなきゃいけない仕事を書いているけど、これもファイル置き場からダブルクリックして使った方が便利だしね。

そのうち、クリップボードとメモ帳はオフにして、ファイル置き場としてだけ使っていくのが目に見えているなぁ。
でも、せっかくだから何か使い途があると良いんですけどね。そのあたりは、もうちょっと使って考えてみようかな。

▼Tips
0.5秒で表示されるようにしてたけど、誤作動しまくるので1秒に変更した。でも、結局それでも誤作動するので、0.5秒に戻した。

スポンサーリンク